正しいボトックスの知識

注射器

しわをなくせる注射

ボトックス注射とは筋肉の緩和作用があるボツリヌストキシンから作られた薬剤を注射して、しわやたるみを改善したりする医療行為です。ボツリヌストキシンには筋弛緩作用があり、筋肉のハリや発達を緩和して細くします。顔面麻痺の治療や、肩こりなどの筋肉痛の改善にも有効で、医療機関によっては積極的に取り入れています。また、ボトックス注射といえばしわやたるみをなくす美容整形と認識している人も多いです。それぐらい海外セレブだけではなく、一般の美魔女たちにも流行しています。できてしまったしわは、フェイスリフトなどの美容整形手術でリフトアップして引き伸ばすのが従来の方法でした。しかし、ボトックスが普及してからは、そのような美容整形手術なしで、簡単にしわやたるみをなくせて、肌に張りを作れるようになっています。注射だけのたった数分の施術であるにもかかわらず、確実なアンチエイジングができるのがボトックス注射の特筆すべき大きなメリットです。なくしたいしわがある部分にボツリヌストキシンを投与すると、内部で筋弛緩作用が働いて筋肉が緩和し、それによってしわが寄らない状態になります。効果をはっきり感じてくるのは注射後3日ほど経過してからで、3ヶ月でピークを迎えます。そしてピークを過ぎると緩やかに元に戻り、しわが復活します。定期的にクリニックでボトックス注射をするだけで、エステサロンよりもしっかりアンチエイジング効果を得られます。手術ではないので手術痕の心配や後遺症のリスクもなく、気軽に受けることができます。どうしてもしわを改善したいときに役立つボトックス注射ですが、クリニックは慎重に選ぶべきです。どこで注射をするかによって、結果が大きく違ってくる場合があるからです。基本的にボトックス注射で重篤な副作用が出ることはないし、顔面が崩壊するようなリスクもありません。ただ、医師のスキルはそれぞれで個人差があり、ボトックス注射になれていない医師がすると内出血が出ることが稀にあります。また、注射をしたのに期待していたような効果がない、またはすぐに効果がなくなったという例も少なからず聞きます。このようなトラブルは、事前にじっくりクリニックを選ぶことで回避できます。また、費用の安さだけでクリニックを選ぶのも避けるべきです。リーズナブルなボトックスのジェネリック(後発医薬品)を使っているクリニックもあります。ジェネリックでも安全なものは安全で、本物と同じようにそれなりに効果があります。ただ、中には正体不明なメーカーが販売しているジェネリックもあり、そのような薬剤はあと後のことを考えてなるべく避けたほうが無難です。とにかく安全にボトックス注射をする上で大事なのが、クリニック選びと薬剤選びです。この二つを基準にして、口コミを調べながら良いクリニックを見つけることが大切です。口コミを調べるにはインターネットが役立ちます。ネットには利用者の口コミが沢山掲載されていて、ボトックス注射の経験者の方の声も聞けます。そうした役立ちそうな情報を調べれば、ボトックスをする上で大事な正しい知識や心がけも身に付きます。